ローレット付きキャップの金型加工における革新的な複合加工技術の開発

 

開発の効果
現在はキャビティのローレット加工を3工程で加工しているが、5軸加工機を導入して複合加工技術の開発を行うことにより、大幅な工期短縮を実現して、工期を短縮することが可能となる。

 

 

 

従来品
従来の工程(3工程)
従来、キャビティのローレット加工を3軸のマシニングセンターとワイヤーカット放電で電極製作後、
放電加工と3工程で行っている。

 

 

開発品
割出し5軸加工による工程短縮
径・深さ・ローレット溝の幅の違い等 さまざまな条件を考慮して加工工程及び生産リードタイムを明確にし分析
を行う。 分析データをもとに、被加工物と切削工具との干渉を避ける方法を検討し、 5軸加工機による複合加工
技術を確立して工程集約を行う。 工程集約に伴い、加工時間を大幅に短縮することを可能とする。

 

株式会社 三幸
〒933-0319
富山県高岡市荒屋敷285番地
TEL : 0766(31)0646(代)
FAX : 0766(31)0647

株式会社三幸

Copyright© 2013 MIYUKI Co., Ltd. All Rights Reserved.