三幸

金型製作事例CASE

MIYUKIが得意とする金型設計製作

高耐久・高精度・高品質なプラスチック金型の設計製作が実現できることが、MIYUKIの強みです。医療・食品・自動車・半導体関連などの様々な業界で得てきた実績で、お客様のご要望をカタチにします。特に、成形用金型のネジ抜きやヒンジ・キャップ・合わせ面のない成形品の金型製作、真円度補正や面補正などを得意としています。複雑な機構や高精度な金型もMIYUKIのノウハウで解決致します。

製作事例CASE

ネジ抜き(成形用金型)

お客様の課題

ネジ抜きができる金型屋を探しています。貴社でも対応可能でしょうか?

MIYUKIのご提案

当社では、コアを回転させて抜く内ネジや、スライドコアで抜く外ネジ金型で業界問わず、多数の実績がございます。まずは樹脂材料、製品表面の仕上がり(透明品であれば鏡面仕上げ対応可)、ネジの位置決めが必要かどうか、位置決めの有無・個数取り・耐用ショット数により使用鋼材、サーボモーター・ラック・ボールネジ・無理抜き等どのような機構で作動させるかを打合せさせて頂きます。お客様のご要望のネジ抜き型をMIYUKIで製作致します。

ヒンジ・キャップ

お客様の課題

新商品の発売が決定し、ヒンジ部分の製作が必要となりました。いろいろ検討したのですが、ヒンジは3Dプリンタでの製作ができず、金型でなければ製作できないことがわかりました。

MIYUKIのご提案

まずは安価な鋼材を用いた試作型の製作を行い、膜厚や幅、キャップを閉める時の固さや出来上がりを確認頂いた上で、理想の製品に近づくよう、トライ&エラーを行います。成形TRYは当社でも対応できるため、微調整を行いながら完成させます。その結果を反映し、量産型にも展開していきます。量産対応についても製品化に伴い、ハイサイクル・高耐久な多数個取り金型を製作致します。

PL合わせ面の段差・グイチレス

お客様の課題

従来はダイカストで製造していた金属製自動車部品ですが、樹脂化に成功しました。しかし、PL部の微小な段差・グイチがどうしてもできてしまい、Oリングが切れるため2次加工で対応しています。近辺で製作できる業者がないため、相談したいです。

MIYUKIのご提案

スライドコアを合わせた状態で加工し、段差・グイチのない成形品を実現しました。精密な加工技術が必要とされるため、MIYUKIの総合技術を駆使した製品です。高品質・高耐久な本金型は長きにわたり現在もお客様に使用頂いています。

真円度・楕円補正 面補正

お客様の課題

円弧や筒状の成形品の精度を向上させていきたいのですが、可能ですか?

MIYUKIのご提案

当社では、真円度・楕円補正、面補正を行い、円弧・筒状の成形品でも円弧形状・面のうねりを極力抑えた金型の製作が可能です。削り代を残した状態で初回成形TRYを行い、成形品の必要部分を測定し金型に反転し、変形させていきます。サイズ・大きさにもよりますが、通常1回の補正では樹脂収縮により狙い寸法に収まらない為、2~3回測定~加工を繰り返し公差内へ補正します。

PAGE TOP